INTERVIEW

  • Addthis
  • tumblr
  • Google+
  • twitter
  • facebook

おとぎ話 "CULTURE CLUB" スペシャル インタビュー 【後編】

  • 2015.02.20
ニューアルバム『CULTURE CLUB』を発表、大きなターニングポイントを迎えた、おとぎ話。メンバー4人による座談会!
今回は、スタジオワークの裏話も含めた、アルバムの全曲解説。メンバーがすべてを語った“濃厚”インタビュー(後編)をお届け!!

★インタビュー(前編)はコチラ↓
http://1fct.net/interview/interview046


出席者
・有馬和樹(おとぎ話/ボーカル、ギター)
・牛尾健太(おとぎ話/ギター)
・風間洋隆(おとぎ話/ベース)
・前越啓輔(おとぎ話/ドラム)

聞き手/おとぎ話1号
撮影/タイコウクニヨシ

前越啓輔(おとぎ話/ドラム)

■『FRIENDS』が演奏できるくらい、バンドに“ままごと感”が一切なくなっちゃった(前越)

5:『FRIENDS』

有馬 この『FRIENDS』は、アルバムの中で一番、古い曲ですね。あれ? タイコウ(クニヨシ/おとぎ話カメラマン)さん、どうした?

タイコウ ……またちょっと話していいすか? この曲は自分もいろいろと聞きたいことがあるんで。

有馬 いいよいいよ。ドンドン話してよ(笑)。

タイコウ 個人的に、この前の『少年』、次に『FRIENDS』が繋がっている、この曲順が胸に来るモノがありまして。『少年』って、いまの有馬くんの気持ちが込められてると思うし、いままで有馬くんが書かなかった歌詞だよね?

有馬 そうだね。普段は自分の感情はあんま入れないから。

タイコウ だから『少年』を聴くと、「この曲は、自分の曲だ」とシンクロする人が多いと思う。で、その次に、『FRIENDS』が並んでるのが意味あるんだろうなと。

有馬 ああ、『FRIENDS』は、おとぎ話について唄ってる曲だから。風間と2人でおとぎ話を組んで、牛尾が入って、前ちゃんも加入して、男4人組になった。そのとき思ったことを歌った曲なんです。セカンドアルバム(『理由なき反抗』2008年)を作ったときには、もうできてたしね。

— そこまで古い曲だったんですね。
有馬 でも、なんか「この曲をやる年齢に達していなかった」って感じがしない? 30歳すぎて、やっと演奏できるというか。

風間 昔は演奏しても、なんか“ネタ”だけで終わっちゃう感じがしてたよね。

有馬 タイコウさんが言うように、『少年』ができたからこそ、『FRIENDS』が演奏できるようになった。それはきっとありますね。この中で歌ってる話が、完全にウソじゃなくなっちゃったというか。

前越 バンドに“ままごと感”が一切なくなっちゃったよね(笑)。若いヤツが仲間の話をしてもピンと来ないけど、いまの俺たちはガチの仲間感があるから。

6:『光の涙』

— そして、『COSMOS』の前に『光の涙』。この並びも凄くインパクトありますね。
有馬 じつは『光の涙』だけ、最初の曲順を決めた櫻木メモに入ってなかったんです。なんで、この曲はバンドからサプライズ選出させてもらいました。

前越 締切ギリギリで選出したよね。

有馬 そう。「この曲だけは入れたい!」と。メンバーたっての希望で、“補欠選出”させてもらって(笑)。もともと掛け値なしの名曲だったし。じつはUKプロジェクトに残した置き土産(タワレコ限定の5曲入りCD『サンタep』)だったんですけど。「このまま闇に葬るにはもったいな」と。

— この『光の涙』~『COSMOS』、そして後述する『AURORA』が、もう一つの“組曲”という印象があります。
有馬 そうですね。その3曲が、まさに“光3部作”という感じで。

有馬和樹(おとぎ話/ボーカル、ギター)

■「この曲は、ホンットに何も考えないで、4人で一発で録らないと、他の曲よりも劣っちゃうよ」と言われて(有馬)

7:『COSMOS』

— いよいよハイライトの『COSMOS』。この曲は「おとぎ話が一番、大事にしてきた曲」と発言されてますね。
有馬 ハイ。ただ『COSMOS』自体はもう5年前に作ってますからね。

— この曲をずっと録音せずに、そこまで大事にしてきた理由は?
有馬 たぶん『COSMOS』をライブでやったとき、お客さんに「あの曲なんですか?」って言われることが一番多かったからかな。自分たちで作った曲ですけど、最初に演奏したライブから、違うレベルにイっちゃってたんで。

前越 よく対バンイベントに出演するんですけど、他のバンドから褒められることって、ほぼないんですよ。でも、『COSMOS』だけは、いろんなバンドマンから、「あの曲、メッチャいいですね!」「あの曲、ヤバくないすか?」と、何回も言われたから、俺らも徐々に意識が変わってきた。まさに曲が一人歩きしていった感がありますね。

— 待望のスタジオ録音はどんな感じで進んだんですか?
前越 これは仁さん(吉田 仁/『CULTURE CLUB』共同プロデューサー)に凄く助けてもらったというか。

— 吉田仁さんは、今回の共同プロデューサーで、フリッパーズギターを始め、数々のギター系バンドのサウンドを手がけた方ですね。
前越 『COSMOS』を録音してるとき、たまたま牛尾がいなかったんです。だから先に3人でスタジオに入って、割といい感じでリズムを録って、いったん録音が終わったんですね。そこに牛尾が帰ってきてギターを重ねたんだけど。そこで、吉田さんがずっと首をかしげてて。「いや~、全然ノリが出ないなあ……」って。

有馬 かなりレコーディング終盤だったんですけど。仁さんが「他の曲と比べて、弱いんだよなあ……」と。そこで言われたのが「この曲は、ホンットに何も考えないで、4人で一発で録らないと、他の曲より劣っちゃうと思うよ?」って。

— そうだったんですか。
有馬 で、「君たち、この『COSMOS』でMV作るんでしょ? 『COSMOS』を一番聞かせたいんでしょ? でも、このままだとそうならないよ」とハッキリ言ってくれて。それで、牛尾も一緒に入って最初から一発で録り直すことになったんです。

— いい話ですね。……アレ、ということは、もしかして『COSMOS』って、一発録りなんですか!?
有馬 ハイ。一発録りですね。

— それは凄い!! でも、それを言ったら、山戸結希監督の『COSMOS』MVもワンカットの長回し。つまり一発録りじゃないですか。
有馬 そうなんですよ! いまって音楽も映像もいくらでも重層的に作り込めるから、どっちも時代に逆行してますけど(笑)。でも、こういう決定的な名曲や、名MVが一発録りで生まれたってのは凄いなと。

— このMVは、完全に『COSMOS』の世界観に見事にフィットしてますよね。
有馬 当初は、映像がどうなるか全然想像できなかったですね。で、『COSMOS』の最終的な音源を聴かせたあと、山戸監督から出てきたアイデアが、『おとぎ話みたい』の趣里ちゃんを起用してのゲリラ撮影、ワンカット一発録りだったんですよ。一発録りなんて一言も言ってないのに。

— そこはもの凄いシンクロニシティを感じますね。
前越 でも、俺なんか最初にMVを観たとき、もう他人事のように感激して、ボーゼンと見ましたから。音楽と映像に完全に圧倒されて、「なんだコレ? ホントにおとぎ話か?」と(笑)。

— 山戸監督の映画『おとぎ話みたい』からのコラボも、このMVに至る伏線だったように思えるほどの結実度というか。
有馬 そうですね。しかも「まだ何も終わっていない」感が強くて。このMVがあることで、「まだまだ『COSMOS』の物語が広がるんだな」と。そんな予感がビッシビシしてるんです。

■アルバム終盤、ここで『ピカピカ』が控えてると思うと、自分でも鳥肌立ちますね(前越)

8:『告白ジャム』

有馬 この『告白ジャム』も『ピカピカ』も、メッチャひっかかっている人が多いんですよ。

— とくに『告白ジャム』の歌詞は……かなり狂ってますね(笑)。
有馬 イッちゃってますよね(笑)。正直、「モテたい!」と思って、「この曲を好きな女子、たくさんいるんじゃない?」と思って作ったんですけど、女の子はあんましいなかった。むしろ男子が引っかかってます。

— いい意味で、『はじめてのチュー』みたいな曲だなと思いました。
有馬 そう! まさに「てんとう虫コミック」みたいな感じですよね。子どもが、ずっと「チンチン!」って言ってるような(笑)。

— しかもアレンジもかなり凝ってて。いままでのおとぎ話にない音色になってますよね。
牛尾 まさに、いままでやったことない音色で、この曲って、じつは80’Sなアレンジを意識したんです。そこがうまく音にハマって、有馬の歌詞との対比も凄くおもしろいのかなって。

9:『ピカピカ』

— この『ピカピカ』も、かなり支持者が多いですよね。
前越 自分は、『ピカピカ』が始まると、バチコーンとなりますね(笑)。たぶん、いままでのおとぎ話なら、割とアルバムの最初のほうに入ってる曲なんだよね。

有馬 いままでなら、2曲目とか、3曲目のラインだよね。

前越 でも、今回のアルバムは、かなり終盤なのに『ピカピカ』が控えてると思うと、自分でも鳥肌立ちますね。「こっから、まだ行くんかい!」「どんだけ、狙ってるんだよ」って感じで(笑)。

牛尾健太(おとぎ話/ギター)

■『AURORA』はサウンド的に「キラキラ」じゃなく、「生々しく」したかった(牛尾)

10:『AURORA』

— そして、もう一つのクライマックスと言える『AURORA』。これは9分14秒の大作です。
有馬 アルバムの位置的にも、そして曲としても『COSMOS』と呼応してますね。

牛尾 この『AURORA』が「凄くよかった」という感想をかなり見るんですよ。でも、普通は長い曲って飽きるじゃないですか。しかも、この曲は、Aメロからサビを繰り返してて、凄く単調なんです。でも、みんなこの曲を気に入ってくれてるみたいで……。

前越 みんな、アルバム全体で感じてくれてるんじゃない?

— しかも歌詞も力強いですし。
有馬 歌詞は、アルバムの中で、かなり自分を投影した唯一の私小説なんですよ。その中には恋愛的な面もあるけど、いままでの人生で「なんで音楽に救われたのかな?」「なんで自分は音楽が好きなんだろう?」って歌詞で。音楽って、自分の耳に直接、訴えてくる。近くで鳴ってくれてることへの感謝。まさに“音楽讃歌”ですよね。

牛尾 自分は、この曲をサウンド的に「キラキラ」じゃなく、「生々しく」したかったんです。演奏もザラっとむき出しで。90年代以降のニール・ヤングとか……ブルースですね。そのへん演奏でうまく出せて、有馬の歌詞とリンクできたのかなと。

有馬 だから演奏のラストだけ、凄くキレイな音になったよね。「キレイなのはそこだけでいい!」っていうか。

前越 また、この曲を録音したときの話なんだけど……。この曲は、歌が入ると、それほど違和感がないけど、演奏だけ聴くと頭とサビの辺りのテンポが全然違うんですよ。だから、最初は聞きやすいように「同じテンポで叩きたいな」と思ってたんだけど。そこで、やっぱり仁さんが「いや、コレはそういう曲だから大丈夫。曲のテンポとかじゃなく、それが自然なの」「凄くいい演奏だから、大丈夫!」って言ってくれて。

有馬 ウン。仁さんからは、「この曲は、ただ自分の感情を出せばいいんだよ!」って言われて。「なるほどー!」と思ったよね。

牛尾 『COSMOS』の話もそうですけど、なかなか仁さんみたいに言ってくれる人っていないですよ……。

— 今回、おとぎ話がそんな風に助言してくれる“大人”と出会えたのは非常に大きいですね。
有馬 そうですね。仁さんや櫻木さんは、俺等がスタジオで悩んだときにも「いいじゃん!」ってアドバイスや方向性を示してくれたり。逆に「これはダサいね!」とかもハッキリ言ってくれる。もの凄くやりやすかったですね。

風間洋隆(おとぎ話/ベース)

■この曲って雑なんだよね! あと、アルバムの中では群を抜いて演奏がヘタ!(笑)(有馬)

11:『おとぎ話みたいねと笑ってばかりの君が』

— いよいよ最後の曲。この曲は、聴いた人を軽くして、帰してあげる役割というか。
有馬 これはね……ホント最高ですよ!

風間 いいよねえ~(ニッコリ)。

牛尾 まさしく3分間のポップソングですね(笑)。

有馬 めっちゃ簡単な曲なんですよ。でも、そこがいい。しかも雑なんだよね! あと、アルバムの中で、群を抜いて演奏がヘタ!(笑)

前越 ヘンなグルーヴが出てるんですよ! 演奏はバラバラだけど。(ローリング)ストーンズとかもバラバラじゃないすか? 録音聴いてもガッチリ合ってないけど、「すっげえ聴きやすい!」みたいな(笑)。なんか、楽譜にできない演奏なんですよ。

有馬 誰も演奏できないよ! だって適当だもん!! でも、これでアルバムが終わるだよ。これで締まるんだもん(笑)。この曲を最後にやらせてくれたfelicityって、やっぱ最高だよ。

■「普段、働いてたりするときとかに、おとぎ話のことを考えると、泣きそうになるんですね」(前越)

— では、最後にアルバムが完成したあと、これからの活動について、一言お願いします!
有馬 まだツアーもあるし、ライブも見て欲しいけど……。なんだろ? 今回に関しては「どうなるのか、わからないのが楽しみ!」って感じで。ホントわからないんですよ。今年の初詣で、自分が願ったのも、「幸せであればそれでいいっす!」って感じだったし(笑)。

— じゃあ、前越くんお願いします。
前越 そうやなあ……(少し考えて)。『CULTURE CLUB』の話と少し離れちゃうけど。なんか俺、普段、働いてたりするときとかに、おとぎ話のことを考えると、泣きそうになるんですね。4人のことを考えると。

有馬 ……。(黙ってうなづく)。

前越 でね、俺はそういう感覚をずっと持ち続けたい! これからも負けないくらい、いいアルバムを作れたらな思うし、と。最近は忙しくて、あまりメンバーと会えないけど。そういうことを思い続けてます。

— では、風間くん……ではなく、ここは牛尾くんでお願いします。
風間 ええっ……!(笑)。

牛尾 ボクは、このアルバムがおとぎ話の最高傑作だと思ってます。それは、おとぎ話というバンドが初めて100パーセント、パッケージとして、CDで出せたという自信があるから。ただ、コレを聴くと、いままでのファンは、「イメージ変わったね」と言うと思うんです。でも、じつは前からおとぎ話ってこうだったんですよ。

有馬 むしろ「これ! これ!」って感じだよね。

牛尾 UKプロジェクトからアルバム出してたときも、いわゆる下北系じゃないし。ただ、俺らが思ってるより、聴いている人は「おとぎ話はこういうバンドだよね」ってカテゴライズしてたと思うんです。そこが7枚目でようやく解き放てたかなと。ボクらとしては全然変わってないから、自信を持ってアルバムを発表できる。まあ、どっかで「ざまーみろ!」って感じもありますよね(ニヤリ)。

— では、最後は風間くんに締めてもらいましょう!
風間 あの~……「おとぎ話、最高だな!」って思います(ポツリと)。

一同 おおお~~~~!

有馬 いや~、締まったね! 締まったよ、風間くん!(笑)

風間 ハハハハ! いや、ホントに最高だよ。やっぱり、この4人がいいんだよ(ニッコリ)。

※終わり


おとぎ話
 -
  • 2015.01.14 On Sale
  • PECF-1117 / felicity cap-217
    [CD] ¥2,500 with tax

<TRACK LIST>

  • 運命
  • きゅーと研究会
  • カルチャークラブ
  • 少年
  • FRIENDS
  • 光の涙
  • COSMOS
  • 告白ジャム
  • ピカピカ
  • AURORA
  • おとぎ話みたいねと笑ってばかりの君が
 -
COSMOS
  • 2015.04.18 On Sale
  • HSC-0017 / felicity cap-228
    [ANALOG] ¥1,500 with tax
    SOLD OUT

    ※HMV SINGLE CLUB ※RECORD STORE DAY JAPAN 2015対象商品) ※アナログ7inch

<TRACK LIST>

Side A : COSMOS
Side B : 少年
VIDEO


PROFILE
おとぎ話otogivanashi
おとぎ話 2000年に同じ大学で出会った有馬と風間により結成。2 年後に同大学に入学した牛尾が加入、その数年後に同大学にて clisms CLISMSというバンドで活動していた前越が加入し現在の編成になる。
2007年に UKプロジェクトより 1st アルバム「SALE!」を発表すると、数々のミュージシャンからのラブコールが増え共演を果たし
2008年の 2nd「理由なき反抗」、2010 年3rd「FAIRYTALE」において初期のおとぎ話におけるオリジナリティーを確立させた。
ROSE RECORDS からの 2010 年の 4th「HOKORI」、2011 年の 5th「BIG BANG ATTACK」では、今までの「うたもの」の要素に独特なジャンク感をポップに大胆にミックスし再び UKプロジェクトからの 2013年の 6th「THE WORLD」で独自のロックンロールを表現する唯一無二の存在感を得るに至った。
また、実は結成 15 年目のバンドであり、ライヴバンドとしての評価も高く、共演を熱望するミュージシャンは若い世代の新人バンドから有無を言わさぬ大先輩ミュージシャンまでジャンルを問わずにあとをたたない。
日本人による不思議でポップなロックンロールをコンセプトに活動中。

http://otogivanashi.com/
RELATED RELEASES
 -
 -
  • おとぎ話
  • ISLAY
  • 2016.10.26 On Sale
  • PECF-1142 / felicity cap-259
    [CD] ¥2,600 with tax
 -
 -
 -
  • おとぎ話
  • COSMOS
  • 2015.04.18 On Sale
  • HSC-0017 / felicity cap-228
    [ANALOG] ¥1,500 with tax
    SOLD OUT
 -
RELATED SCHEDULE
 -
  • 2015.01.14 On Sale
  • PECF-1117 / felicity cap-217
    [CD] ¥2,500 with tax

<TRACK LIST>

  • 運命
  • きゅーと研究会
  • カルチャークラブ
  • 少年
  • FRIENDS
  • 光の涙
  • COSMOS
  • 告白ジャム
  • ピカピカ
  • AURORA
  • おとぎ話みたいねと笑ってばかりの君が
 -
COSMOS
  • 2015.04.18 On Sale
  • HSC-0017 / felicity cap-228
    [ANALOG] ¥1,500 with tax
    SOLD OUT

    ※HMV SINGLE CLUB ※RECORD STORE DAY JAPAN 2015対象商品) ※アナログ7inch

<TRACK LIST>

Side A : COSMOS
Side B : 少年
VIDEO