NEWS

  • Addthis
  • tumblr
  • Google+
  • twitter
  • facebook

高木正勝と石橋英子のピアノコンサート、渋谷WWWにて開催決定!

  • 2013.12.02
高木正勝と石橋英子高木正勝と石橋英子。
その活動において、それぞれ唯一のフィールドを拡げてきた二人の表現者によるピアノコンサート。
ピアノは三本の脚で立ち八十八の鍵盤を差し出しているが、そのカーブの中は何処と繋がっているのか。
彼らが鍵盤に触れるとき、わたしたちは遠い、遠いものに触れる。



『WWW presents Touch My Piano vol.05』

出演:高木正勝 / 石橋英子
日程:2014年2月26日(水)
会場:渋谷WWW
時間:開場18:30 / 開演19:30
料金:前売¥4,000(ドリンク代別)

※200名限定プレミアム公演
※会場には一部座席のご用意がございますが、数が限られておりますのでご了承ください。
※ご入場は整理番号順となります。

チケット:
<先行予約>
受付期間:12/7(土)10:00~12/15(日)23:59
受付URL:http://eplus.jp/www-piano/ (※お一人様二枚まで)
<一般発売>
一般発売:12/28(土) 
チケットぴあ[P:218-975] / ローソンチケット[L:74499] / e+ / WWWシネマライズ店頭
問い合せ:WWW 03-5458-7685
主催:WWW
協力:felicity

公演詳細ページ:
http://www-shibuya.jp/schedule/1402/004674.html





<プロフィール>

高木正勝

映像作家/音楽家。1979 年生まれ、京都府在住。自ら撮影した映像の加工やアニメーションによる映像制作と、長く親しんでいるピアノやコンピュータを使った音楽制作の両方を手掛けるアーティスト。国内外のレーベルからのCDやDVDリリース、美術館での展覧会や世界各地でのコンサートなど、分野に限定されない多様な活動を展開している。オリジナル作品制作だけでなく、デヴィッド・シルヴィアンのワールドツアーへの参加、UAやYUKIのミュージック・ビデオの演出や、芸術人類学研究所、理化学研究所、Audi、NOKIAとの共同制作など、コラボレーション作品も多数。2009年のNewsweek日本版で、「世界が尊敬する日本人100人」の1人に選ばれるなど、世界的な注目を集めるアーティスト。2012年公開の映画「おおかみこどもの雨と雪」(監督:細田守)の劇伴を手掛ける。2013年、アフリカ開発会議(TICADⅤ)関連企画としてエチオピアを訪問・取材し、新作映像作品『うたがき』を発表。

石橋英子
茂原市出身の音楽家。いくつかのバンドで活動後、映画音楽の制作をきっかけとして数年前よりソロとしての作品を作り始める。その後、5枚のソロアルバムをリリース。ピアノをメインとしながらドラム、フルート、ヴィブラフォン等も演奏するマルチ・プレイヤー。シンガー・ソングライターであり、セッション・プレイヤー、プロデューサーと、石橋英子の肩書きでジャンルやフィールドを越え、漂いながら活動中。ソロライブと共に、バンド「石橋英子withもう死んだ人たち(ジム・オルーク、須藤俊明、山本達久、波多野敦子)」としてもライブを行う。


RELATED RELEASES
 -
 -
 -
 -
 -
 -
 -
 -
 -
 -
BACK NUMBER