NEWS

  • Addthis
  • tumblr
  • Google+
  • twitter
  • facebook

100年後×100年後=10,000年後 前野健太とソープランダーズ(ジム・オルーク、石橋英子、須藤俊明、山本達久)× OGRE YOU ASSHOLE 2マンライブ決定!

  • 2013.12.29
前野健太 / OGRE YOU ASSHOLE共に"100年後"と題された名曲を持つ二組のアーティスト、前野健太とOGRE YOU ASSHOLEがWWWにて会する。

2013年にアルバムを2作発表し、"うたのひと"から"音楽のひと"へ大きく膨らんでいった前野健太。今回のライブはその活動に熱を注ぎ、風をふきかけ続けているソープランダーズ(ジム・オルーク、石橋英子、須藤俊明、山本達久)とのバンド編成で登場。
一方OGRE YOU ASSHOLEは2013年、ROVO、MERZBOW、Esplendor Geométrico(スペイン)らとの競演を経て、新しい出会いや反応を呼吸するように取り込み、また膨らんでいるように思える。

100年後×100年後=10,000年後、
とっておきの高揚は感情なども振り切って膨らみ、時をやすやすと越える。
遠く、未知の時間領域に誘う二組を、みてください。



WWW presents 『10,000年後』

出演:前野健太とソープランダーズ(ジム・オルーク、石橋英子、須藤俊明、山本達久) / OGRE YOU ASSHOLE
日程:2014年2月6日(木)
会場:渋谷WWW
時間:開場18:30 / 開演19:30
料金:前売¥3,300(ドリンク代別)
チケット:※一般発売 12/29(日)
チケットぴあ[P:220-752] / ローソンチケット[L:76757] / e+ / WWW・シネマライズ店頭
問い合せ:WWW 03-5458-7685

主催・企画制作:WWW
協力:felicity / Livemasters Inc.

詳細: http://www-shibuya.jp/schedule/1402/004739.html





<プロフィール>

前野健太 ( http://www.maenokenta.com/ )


1979年埼玉県入間市出身。シンガーソングライター。
2007年に自ら立ち上げたレーベル”romance records”より『ロマンスカー』をリリースしデビュー。
2009年全パートをひとりで演奏、多重録音したアルバム『さみしいだけ』を”DIW”よりリリース。

2009年元日に東京・吉祥寺の街中で74分1シーン1カットでゲリラ撮影された、
ライブドキュメント映画『ライブテープ』(松江哲明監督)に主演として出演。
第22回東京国際映画祭「日本映画・ある視点部門」で作品賞を受賞し全国の劇場で公開された。

2010年9月”Victor Entertainment”より発売された『新・人間万葉歌~阿久悠作詞』へ参加。
桂銀淑(ケイ・ウンスク)の「花のように鳥のように」をカバーした音源を発表。
のちに同作は上村一夫の絵(『同棲時代』)を使用した新ジャケットによりitunseなどで配信限定リリースされる。

2011年2月”romance records”より3枚目のオリジナルアルバムとなる『ファックミー』をリリース。
同年、松江哲明監督の新作映画『トーキョードリフター』に再び主演として出演。全国劇場で公開される。
また主題歌をリレコーディングしたコンセプトアルバム『トーキョードリフター』を”felicity”よりリリース。

2011年末には第14回みうらじゅん賞を受賞。
2012年auの新CM「あたらしい自由」篇に出演。
2013年1月、ジム・オルーク氏をプロデューサーに迎え制作された4枚目のアルバム『オレらは肉の歩く朝』を発売。
同年7月「FUJI ROCK FESTIVAL’13」へ出演。


OGRE YOU ASSHOLE ( http://www.ogreyouasshole.com/ )

出戸学(Vo,G)、馬渕啓(G)、勝浦隆(Dr)、清水隆史(Ba)からなるオルタナロック/サイケロックバンド。2005年にセルフタイトルの1stアルバムをリリース、2007年に2ndアルバム「アルファベータvs.ラムダ」をリリースし
た頃から、大規模なロックフェスや様々な来日アーティストとの共演を多数こなし、着実に知名度を高めていく。2009年にVAPへ移籍し、シングル「ピンホール」で メジャーデビュー、2011年には18公演に及ぶアメリカ/カ
ナダツアーを行う。2012年9月に5thアルバム「100年後」、2013年2月には大胆なリ・アレンジ盤「confidential」をリリース。
RELATED RELEASES
 -
 -
 -
 -
 -
 -
 -
 -
 -
 -
BACK NUMBER