NEWS

  • Addthis
  • tumblr
  • Google+
  • twitter
  • facebook

七尾旅人presents百人組手番外篇 『Amazónes』開催決定!

  • 2016.11.14
七尾旅人 『Amazónes』新宿LOFT 40TH ANNIVERSARY DRIVE to 2100にて七尾旅人presents百人組手番外篇 『Amazónes』の開催が決定。
演奏中に次々届くAmazonの箱から飛び出す未知の楽器や非楽器を用いて繰り広げられる即興演奏に反応しアマゾネスが乱舞する。LOFTサブフロア<オフラインステージ巌>では伝説のシンガーソングライター国府達矢による初ワンマンライブ、3時間!

七尾旅人 presents 百人組手番外篇『Amazónes』詳細ページ ⇒ http://1fct.net/schedule/s-event/post-5511

新宿LOFT 40TH ANNIVERSARY DRIVE to 2100
七尾旅人presents百人組手番外篇『Amazónes』


2016.11.30 (水) at 新宿LOFT
OPEN 18:00 / START 19:00

出演者 :
七尾旅人
kan sano
MCシラフ
山本達久
加藤雄一郎
ハラサオリ
やけのはら
国府達矢

<イベント概要>

殺人的な速度で世の中は流れて行く。あれほど騒がれた事件さえ1週間も経てば忘れ去られ、再び話題に上ることもない。ヘリパッド移設問題で大混乱中の高江や、また、熊本、石巻、南相馬などの被災地を巡っているうちに、もう11月。今年が終わろうとしている。世間の、これらの土地への関心も、どんどん薄れているように思う。日本アンダーグラウンドの生き証人である地引雄一さんにオーガナイズを委ねられたDRIVE to 2100まで、ふと気づけば一ヶ月を切った。ネットで注文した楽器は翌日にもう届いてくる。タッチパネルを操作すればなんでも手に入る。書籍、食料品、抗うつ剤、防弾チョッキに至るまで。でも、だからなんだ?そのことによって人類が音楽を作り続けるための鈍い痛みが軽減されたわけではない。私たちのエモーションにお急ぎ便はない。速度に抗え。私たちは互いの時差に引き裂かれながら、この速度を光に変えよう。

★LOFTメインフロア<オンラインステージ光>では演奏中にAmazonから次々に届く未知の楽器、日用雑貨などを取り入れながら生え抜きのプレイヤー達による鬼気迫るセッション。そのサウンドに反応し、アマゾネスに扮したダンサー、ハラサオリがパフォーム。

★LOFTサブフロア<オフラインステージ巌>では伝説のシンガーソングライター国府達矢による初ワンマンライブ、3時間!

ADV ¥3500 / DOOR ¥4000
[チケット] チケットぴあ (Pコード:314-512)・ローソンチケット (Lコード:75570)・e+・LOFT
※DRIVE TO 2100 4DAYS通し券(11/29,11/30,12/1,12/2の4公演)あり
¥10,000 e+のみで販売中!

【七尾旅人】

七尾旅人 / Tavito Nanaoシンガーソングライター。これまで『911fantasia』『リトルメロディ』などの作品をリリースし『Rollin' Rollin'』『サーカスナイト』などがスマッシュヒット。2016年7月に初となるライブ映像作品であり、ほぼ新曲のみで構成され、「CDというフォーマットでは収め切れなかったニューアルバム」ともいえる、3時間に及ぶ最新作『兵士A』をリリース。唯一無二のライブパフォーマンスで長く思い出に残るステージを生み出し続けている。即興演奏家としても、全共演者と立て続けに即興対決を行う「百人組手」など特異なオーガナイズを行いアンダーグラウンド即興シーンに地殻変動を与え続ける。その他、ビートボクサー、聖歌隊、動物や昆虫を含むヴォーカリストのみのプロジェクトなど、独創的なアプローチで歌を追求する。開発に携わって来た配信システムDIY STARSを使って【DIY HEARTS東日本大震災義援金募集プロジェクト】や、世界中の貧困地域、紛争地域から作品を募り流通回路を開く【DIY WORLD】も開設。手料理のレパートリーは玉子かけご飯のみ。犬が好き。

【kan sano】

kan sanoキーボーディスト/トラックメイカー/プロデューサー。
バークリー音楽大学ピアノ専攻ジャズ作曲科卒業。在学中には自らのバンドでMonterey Jazz Festivalなどに出演。

キーボーディスト、プロデューサーとしてChara、UA、大橋トリオ、RHYMESTER、佐藤竹善、Madlib、Shing02、いであやか、青葉市子、Seiho、韻シスト、Nao Yoshioka、Ovall、mabanua、須永辰緒、七尾旅人、Monday Michiru、羊毛とおはな、片平里菜、Hanah Spring、COMA-CHI、Twigy、アンミカ、Monica、ゲントウキ、Eric Lauなどのライブやレコーディングに参加。
また新世代のビートメイカー、プロデューサーとして国内外のコンピレーションに多数参加する他、LION、カルピス、CASIO、NTT、ジョンソン、日本管理センターのCMやJ-WAVEのジングル、AnyTokyo 2015の会場音楽など各所に楽曲を提供。
さらにSoundCloud上でコンスタントに発表しているリミックス作品やオリジナル楽曲がネット上で大きな話題を生み、累計40万再生を記録。また、トラックメイカーとしてビートミュージックシーンを牽引する存在である一方、ピアノ一本での即興演奏でもジャズとクラシックを融合したような独自のスタイルで全国のホールやクラブ、ライブハウスで活動中。

【MCシラフ】

MCシラフヴォーカル、ギター、トランペット、スティールパン、ピアノなどさまざまな楽器をこなすマルチ・ミュージシャンであり、今の東京のインディ・ミュージック・シーンで注目を集める存在のひとり。自身のバンド、ザ・なつやすみバンド、片想い、うつくしきひかりはもちろん、ceroやoono yuuki、VIDEOTAPEMUSIC、NRQなどさまざまなバンドへの参加・サポートなどで活躍。

【山本達久】

山本達久1982年10月25日生。drummer。
2007年まで地元山口県防府市bar印度洋を拠点に、様々な音楽活動と並行して様々なイベントのオーガナイズをするなど精力的に活動し、基本となる音楽観、人生観などの礎を築く。
現在では、ソロや即興演奏を軸に、Jim O'Rourke/石橋英子/須藤俊明との様々な活動をはじめ、カフカ鼾、石橋英子ともう死んだ人たち、坂田明と梵人譚、プラマイゼロ、オハナミ、NATSUMEN、石原洋withFRIENDSなどのバンド活動多数。ex.芸害。
青葉市子、UA、カヒミ・カリィ、木村カエラ、柴田聡子、七尾旅人、長谷川健一、phew、前野健太、ヤマジカズヒデ、山本精一、Gofishなど歌手の録音、ライブサポート多数。
演劇の生伴奏・音楽担当として、SWANNY、マームとジプシーなど、主に都内を中心に活動。
2011年、ロンドンのバービカンセンターにソロパフォーマンスとして招聘されるなど、海外公演、録音物も多数。

【加藤雄一郎】

加藤雄一郎サックス奏者。
NATSUMEN・L.E.D.での活動を中心に、Yuichiro Kato名義で3枚のソロアルバムを発表。Ableton Liveで鳴らすトラックの上で自由にサックスが歌うシンプルなスタイルのソロライブを各地で行っている。
また、Calm・曽我部恵一・Hotel New Tokyo・矢沢永吉・miya takehiro・ANIEKY A GO GO ! といった様々なアーティストのレコーディングやライブにも参加するなど、多くのミュージシャンが信頼を寄せるサックス奏者としても知られている。

【ハラサオリ】

ハラサオリダンスパフォーマー/美術家/モデル
ベルリン・東京在住
東京都出身。
幼少よりクラシックバレエ、モダンバレエを、大学にてデザインを学び、2012年より東京とベルリンを拠点に作家活動を開始。その静物的佇まいと、動物的躍動感を兼ね備えた身体性を活かし、振付や即興によるパフォーマンスを制作。日本、ドイツ、ギリシャ、スペインなどで発表を重ねる。
サイトスペシフィックな環境におけるモノとしての身体の在り方を考察しながら、日常的な人間の運動や所作から振付をおこし、パフォーマンスとして体現。さらにそれを映像やドローイングなどの手法でも表現する。

出演 : MV 「goodbye girl」 (CRCK/LCKS)、番場秀一監督作品「東京音℃ /TOKYO ONDO -BEATS AND TEMPERATURES- 」、シアタープロダクツ「under」、他
http://www.halasaori.com/

【やけのはら】

やけのはらDJ、ラップ、トラックメイカー。『FUJI ROCK FESTIVAL』、『METAMORPHOSE』、『KAIKOO』、『RAW LIFE』、『SENSE OF WONDER』、『ボロフェスタ』などの数々のイベントや、日本中の多数のパーティーに出演。2009年に七尾旅人×やけのはら名義でリリースした「Rollin' Rollin'」が話題になり、2010年には初のラップアルバム「THIS NIGHT IS STILL YOUNG」をリリース。2012年には、サンプラー&ボーカル担当しているバンドyounGSoundsで、アルバム「more than TV」をリリース。2013年、セカンドアルバム「SUNNY NEW LIFE」をリリース。DJとしては、ハウスやディスコを中心としたロング・セット、またTPOに応じた幅広い選曲でフロアを沸かし、Stones Throw15周年記念のオフィシャルミックス「Stones Throw 15 mixed by やけのはら」など、数多くのミックスを手がけている。雑誌「POPEYE」でのコラム連載や、YUKI、でんぱ組.inc、中村一義などを手がけるリミキサーとしての活動も行っている。
http://yakenohara.blog73.fc2.com/

【国府達矢】

国府達矢1973年 京都生まれ。
1999年 MANGAHEADとして4枚のシングル、1枚のアルバムをリリース。
2001年より 国府達矢としてライブ活動を開始。
2003年 国府達矢『ロック転生』をリリース。
2007年より 女性歌手 salyu に楽曲提供開始。
2011年 salyu×salyu『s(o)un(d)beams』に2曲作詞で参加。
2011年 ロックブッダ シングル『+1Dイん庶民』をリリース。
2017年 数枚のアルバムリリースを予定している。
RELATED RELEASES
 -
 -
 -
 -
 -
 -
 -
 -
 -
 -
BACK NUMBER