RELEASES

  • Addthis
  • tumblr
  • Google+
  • twitter
  • facebook
 - YOKOHAMA LAUGHTER
“YOKOHAMA LAUGHTER”
  • 2011.09.14 On Sale
  • PECF-1028 / felicity cap-123
    [CD] ¥2,190 with tax

<TRACK LIST>

  • YOKOHAMA LAUGHTER
  • (再)契り
  • BUMP
  • 空っぽの街角 REMIX feat. LUVRAW&BTB
  • ★~PLAY~★
  • BRIGHTEST HOPE feat. NORIKIYO
  • しゅばばばJAPAN feat. ZZ PRODUCTION, NONKEY, ISOP, THROB, WATT, kamuri
  • SEX ON THE BEACH (GUNHEAD REMIX)
(サ上+ロ吉) Xヨコハマ=横浜アンセムズ。
2年半振り待望の新作は
横浜 / 神奈川ミュージックシーンを代表する
アーティストとのコラボレーション作品


横浜で生まれたニュースタンダード~進む変化を怖れない!
もう過去には戻れない!!


サイプレス上野とロベルト吉野felicity移籍第一弾リリースは、彼らの揺るぎないエレメントであるズバリ『横浜』をテーマにしたスペシャルなミニアルバムとなります。
横浜のハズレであるドリームランドでグループ結成から遂に『横浜』にケジメをつけるべく、今の横浜を語る上で欠かせないアーティスト達とガップリ四つのコラボレーションを敢行しました。
東京を中心としたカルチャーへのカウンターとして、近年特にめざましい進化を遂げている横浜ミュージックシーンから贈る金字塔、ここに詰まった横浜アンセム達は全てのリスナーにとって新鮮に響くはずです。
相手の良いところを最大限に引き出し、自らのワザをより大きく繰り出す。
風車の理論でつくられた楽曲達はどれも枠には収まらない問題作ばかりとなりました。
彼らとして異例の!?華やかさで完成した今作はキャリアの中でも大きな分岐点となり、その覚悟は作品の中に色濃く現れています。
2009年の2ndフルアルバム「WONDER WHEEL」リリース以降、超大量の客演オファー、ライブをこなし、そのスキルを磨き上げていた一方で、切望されていたオリジナル作品ですが、ようやく届いた今作ではリリックもそのサウンドも成熟度を増し、現時点までのキャリア集大成として相応しい仕上がりです。
絶大な評価を得ているライブパフォーマンスが大きくクローズアップされがちな彼らですが、サイプレス上野の耳に残るライミングとリリシストとしての更なる成長はグループの幹をより太くし、ロベルト吉野の特異すぎる音楽的趣向と実はとんでもないDJスキルは彼らの圧倒的なオリジナリティの源となっています。
HIP HOPという表現の懐の深さを知る彼らだからこそなし得たこの自由な音楽は、混迷する状況でこそ輝きを増す、真のレベルミュージックと言えます。
誰もが認めるHIP HOPシーンの顔となり、とんでもなく大きなものを背負うことを決めた彼らが次に目指すのは、日本のミュージックシーンに自分のスタイルで風穴を空けること。
影響を受けた数多くの先達への唯一の恩返しはそれを大きく越えてゆくこと。
そのことに自覚的な彼らはアーティストとして大きく成長を続けています。
新たな環境、体制で臨んだ今作ではさらに自身の先を見据え、今後目指す頂きへと力強く歩みを進めています。

----- 参加アーティスト -----
渡辺俊美 (TOKYO No.1 SOUL SET) / NORIKIYO / やけのはら / Dorian / LUVRAW & BTB / LATIN QUARTER (Pan Pacific Playa) / GUNHEAD / ZZ PRODUCTION / NONKEY / ISOP / THROB / WATT / kamuri / BEAT奉行 / ビート武士

※クレイジーケンバンド「空っぽの街角」REMIX収録!
VIDEO


PROFILE
サイプレス上野とロベルト吉野サイプレス上野とロベルト吉野
サイプレス上野とロベルト吉野マイクロフォン担当: サイプレス上野、
ターンテーブル担当: ロベルト吉野、
通称『サ上とロ吉』。

2000年にあらゆる意味で横浜のハズレ地区である『横浜ドリームランド』出身の先輩と後輩で結成。”HIP HOP ミーツ all グッド何か” を座右の銘に掲げ、”決してHIPHOP を薄めないエンターテイメント”と称されるライブパフォーマンスを武器に毎年120 本近くのライブを行っている。
2007年に1st アルバム「ドリーム」を発表、2009年には2nd アルバム「WONDER WHEEL」を発表している。その後、恵比寿リキッドルームでワンマンライブを成功させ、その模様を収録した「ワンダー・ホイール ザ ライブ」を発売。
2011年9月には、横浜・神奈川をコンセプトにしたミニアルバム「YOKOHAMA LAUGHTER」をリリース。同年11月、SPECIAL OTHERSコラボアルバム「SPECIALOTHERS」へ参加。
2012年3月7日に約3年ぶりフルアルバム「MUSIC EXPRES$」をリリース。アルバム収録曲「ちゅうぶらりん feat. 後藤まりこ」は、テレビ東京系『ゴットタン』エンティングテーマに決定し注目を集める。
2012年12月12日には、”THE ORIGINAL 045 STYLE”、” ハマの大怪獣” ことOZROSAURUS を迎えたシングル「ヨコハマシカ feat. OZROSAURUS」をドロップし、2013年2月20日に、4枚目となるアルバム「TIC TAC」をリリース。iTunes HIPHOP アルバムチャートで1 位を獲得。
2013年5月11日より、彼らのキャリア初となる全国8箇所のワンマンツアーを開催。
2013年9月には、彼らが様々なアーティストとコラボしてきた楽曲をロベルト吉野が狂気のノンストップMIX したアルバム「サ上とロ吉ミーツall グッドみんな」をリリース。更に12月には2枚同時発売となるベスト盤をリリース予定。

また、FM YOKOHAMA『YOKOHAMA RADIO APARTMENT』水曜日メインパーソナリティのレギュラー担当、TOKYO FM で放送された不定期プログラム『サイプレス上野の日本語ラップキラッ!』のメインMC や、bounce.com での伝説の連載「サイプレス上野のLEGEND オブ日本語ラップ伝説」が書籍化するなど話題を振りまき続けている。更に、ヒップホップ専門USTREAM 番組Amebreak presents「RAP STREAM」のメインパーソナリティ、TV 番組・CM でのナレーター、ファッション・カルチャー雑誌での連載、モデルとその活動は多岐に渡る。

ジャンル、世代を問わず様々な現場から 支持を受け、なにかと注目度の高い二人。
「未来のJAPANESE MUSIC シーンを担うアーティスト」へと邁進中!
今乗っとけいっその事! そしたら遊び放題一生保証!?


PC >> http://www.sauetoroyoshi.com/
MOBILE >> http://mfmobile.jp/sr/
BLOG >> http://ameblo.jp/sauetoroyoshi/
RELATED RELEASES
 -
 -
 -
 -
 -
 -
 -
 -
 -
 -
 - YOKOHAMA LAUGHTER
“YOKOHAMA LAUGHTER”
  • 2011.09.14 On Sale
  • PECF-1028 / felicity cap-123
    [CD] ¥2,190 with tax

<TRACK LIST>

  • YOKOHAMA LAUGHTER
  • (再)契り
  • BUMP
  • 空っぽの街角 REMIX feat. LUVRAW&BTB
  • ★~PLAY~★
  • BRIGHTEST HOPE feat. NORIKIYO
  • しゅばばばJAPAN feat. ZZ PRODUCTION, NONKEY, ISOP, THROB, WATT, kamuri
  • SEX ON THE BEACH (GUNHEAD REMIX)
VIDEO