RELEASES

  • Addthis
  • tumblr
  • Google+
  • twitter
  • facebook

SISTER JET

“YOUNG BLUE”

 - YOUNG BLUE
“YOUNG BLUE”
  • 2012.06.06 On Sale
  • PECF-1047 / felicity cap-148
    [CD] ¥2,381 with tax

<TRACK LIST>

  • Dear My Friends
  • 17 (SEVENTEEN)
  • I WONDER
  • Young Pretender
  • トーキョーミッドナイトブレイクダウン
  • (Almost) Young Blue
  • 「南風」
  • しろくま
  • ヘヴン
  • ダーティ・プリティ・ドッグス
  • JETCOASTER LAG
  • 30
「人生に完璧はない。いつまでも、青く」
ブルーにこんがらがっても突っ走るJET WAYな3rdアルバム。


最新の“リアル”を、ここに。
バンドが聞き手に投げかける心象風景、その言葉のひとつひとつが吟味され、従来よりもメッセージ性の強い楽曲が揃いました。
生きている、生きていくとは何か? 至極真っ当ではありますが、一人ぼっちの寂しさを知らなければ二人でいる幸福に感動出来ないのでは、と。
もっとも従来通りのあっけらかんとしたキャラクター、若さ故の無鉄砲さも孕んだ上で、「リアルライフは痛いんだよ」と孤独と渇望の間で揺れる心情を吐露しながらの生命への考察が独自の視点、ある種の生命観の獲得となりました。
自身の内面を見つめながらも、あくまで外側の世界に向けての表現が中軸を成すエネルギッシュな姿。
よりポップに、よりタイトにと間口を広げた、疾走感が耳に残るエッジの効いたハイテンションのバンドサウンド。
時代に流されない楽曲の良さ、演奏の引き締まったパワーでメッセージが説得力を持っている、新生JET'S ROCKの誕生です。
二ヶ月連続リリースの勢いはそのままに、6月発売のアルバムがその答えとなります。
乞うご期待下さい。
VIDEO


PROFILE
SISTERJETシスタージェット
SISTERJETオオナリ ヤスシ(Ba) WATARU.S(Vo.Gt) KENSUKE.A(Dr)
【L→R】

限りなく米国に近いトーキョー、福生発のロックンロール・バンド。
2009年「三次元ダンス LP」でアルバムデビュー。
2012年にベースが脱退し、2人組に。新生ジェットとして、2013年5月に「3-1=2 / No Limit e.p.」をリリース。ギターとドラム、ベースレスで全ての演奏をこなす、ミニマムな編成から繰り出されるビート・エクスプローションはマキシマムなリズム&ロッキンブルース。
また、2013年8月には堀江博久(key)とカジヒデ キ(b)からなる伝説のユニット DOTS+BORDERS を迎えたコラボレーションによる「NEW QUAD」 2×2=4/ very well L.P. をリリース。ブリティッシュ・フィーリング全開のグルーヴィーなロック・コンボが話題になりました。
2013年12月にオオナリヤスシ(b)が電撃加入。トリオに戻って初めての今作『X X X 』(2014年)は第二のデビュー盤と言えるでしょう。

◆公式サイト
http://sisterjet.com
RELATED RELEASES
 -
 -
 -
 -
  • SISTERJET
  • X X X
  • 2014.06.11 On Sale
  • PECF-1096 / felicity cap-199
    [CD] ¥2,500 with tax
 -
 -
 -
 -
 -
 -
 - YOUNG BLUE
“YOUNG BLUE”
  • 2012.06.06 On Sale
  • PECF-1047 / felicity cap-148
    [CD] ¥2,381 with tax

<TRACK LIST>

  • Dear My Friends
  • 17 (SEVENTEEN)
  • I WONDER
  • Young Pretender
  • トーキョーミッドナイトブレイクダウン
  • (Almost) Young Blue
  • 「南風」
  • しろくま
  • ヘヴン
  • ダーティ・プリティ・ドッグス
  • JETCOASTER LAG
  • 30
VIDEO