RELEASES

  • Addthis
  • tumblr
  • Google+
  • twitter
  • facebook

Phew

“ニューワールド”

 - ニューワールド
“ニューワールド”
  • 2015.12.02 On Sale
  • PECF-1130 / felicity cap-244
    [CD] ¥2,700 with tax

<TRACK LIST>

  • A New World/ニューワールド
  • Where Are You?/どこにいるの
  • Finale 2015/終曲2015
  • Spark/スパーク
  • An Acoustic New World/ニューワールド・アコースティック
  • Chinese Rocks/チャイニーズ・ロックス
  • My Waltz/わたしのワルツ
  • See You Again/また会いましょう
  • 浜辺の歌
波動は一新される…

時代の音と唯一の響きを持つ声で我々を驚かし続けてきた日本が誇るパンク・レジェンドPhew。ソロ名義のオリジナル・アルバムとしては20年ぶりとなる新作「ニューワールド」、felicityよりリリース。決して消え去ることのない、我々にショックを与えうる音楽がここには存在している。

1970年代末、伝説のパンク・バンド「アーント・サリー」でデビュー以降、革新的な音楽で時代を彩ってきたドイツの伝説的バンドたち、CAN、DAFやノイバウテンのメンバーとのアルバム制作。山本精一とのデュオやバンド「MOST」などそのキャリアおいて圧倒的な存在感を示してきたPhew。石橋英子、トクマルシューゴ、七尾旅人など後進のアーティストたちからも絶大な支持を受けている。2013年頃からはアナログシンセやヴィンテージ・ドラムマシンと最大の魅力である声を駆使したソロライブを開始。そのパフォーマンスは20代の若いリスナーまでも虜にし、完全な新次元に突入している。ライブ活動が活発となる中、ロングセラーとなっているカヴァー・アルバム『ファイヴ・フィンガー・ディスカウント』より5年、そしてオリジナル・アルバムとしてはなんと20年ぶりとなる新作がついに完成。近年のライブ・パフォーマンスで培われ、まるで生き物のように躍動する電子音。ヴィンテージ機材によるサウンドが時代の空気を纏って新たな音として立ち上がる。
ソロ・パフォーマンスの流れからプロデュース含め、演奏などその多くはPhew自らにより作りだされているが、長嶌寛幸(Dowser)、John Dietrich(DEERHOOF)、向島ゆり子の演奏により彼女がイメージするアルバムの世界が彩り豊かに完成を遂げている。
身体を貫通するような強固な電子音と言葉、今作というものを強く印象付けるタイトル曲「NEW WORLD」を始め、ソロ・デビュー作であり、坂本龍一とのコラボレーション曲「終曲」を想起させる「終曲2015」。ジョニー・サンダーズの名曲「Chinese Rocks」や日本の唱歌「浜辺の歌」のカヴァーまで、2015年という時代に彼女が選び出した揺るぎ無い響きが詰め込まれた全9曲。決して弱まることなく、より革新的となり生み出される波動。彼女の存在自体がデビュー以降一貫したニュー・ウェイブであり続けている。他の追随を許さない希代の傑作に心を震わせる時がきました。
VIDEO


PROFILE
Phewフュー
Phew1979年にパンクバンド Aunt Sallyで活動をスタート。バンド解散後はソロとして、国内外の数々のミュージシャンとコラボレーションを行う。現在は、2013年からはじめた電子音楽のソロユニットとパンクバンドMOSTを中心に活動している。2015年12月にソロ・アルバムを「ニューワールド」をリリースする。
 - ニューワールド
“ニューワールド”
  • 2015.12.02 On Sale
  • PECF-1130 / felicity cap-244
    [CD] ¥2,700 with tax

<TRACK LIST>

  • A New World/ニューワールド
  • Where Are You?/どこにいるの
  • Finale 2015/終曲2015
  • Spark/スパーク
  • An Acoustic New World/ニューワールド・アコースティック
  • Chinese Rocks/チャイニーズ・ロックス
  • My Waltz/わたしのワルツ
  • See You Again/また会いましょう
  • 浜辺の歌
VIDEO