INTERVIEW

  • Addthis
  • tumblr
  • Google+
  • twitter
  • facebook

日暮愛葉インタビュー~バンドのLOVES!、デジタルのRAVOLTA、そして普遍的なソロ活動へ。

  • 2009.11.18

日暮愛葉インタビュー
intervew & text:小野田雄
──ここ最近は日暮愛葉 and LOVES!としてのバンド活動が続いていますが、それ以前の2005年にリリースしたセカンド・ソロ・アルバム『Platonic』はトラウマになるほど、制作が大変だった作品なんですよね。
「そうですね。あの時のことを今考えると、その前のファースト・アルバム『Born Beautiful』もバンドっぽかったし、実際にバンド・メンバーを借り出して、バンド・セットでライヴもやってたから、ソロ名義ではあったんだけど、やっぱりバンドっぽかったと思うんですよ。それから『Platonic』は人に料理される時期が早すぎたというか、ソロとして自分の核が出来てなかったのに、コラボレーションをやってしまったから、結果的にいい曲も沢山あるんですけど、作業的には大変なことになってしまったっていう」
──それが、ここ最近は日暮愛葉 and LOVES!の活動も安定感が出てきていますし、SHAKKAZOMBIEのトラック・メイカー、TSUTCHIEとのプロジェクト、RAVOLTAの活動も再開して、トラックものの表現も少しずつ形になってきています。つまり、表現の棲み分けがはっきりしてきたからこそ、今回のアルバム『perfect days』は混じりっけのない作品になっているんじゃないか、と。
「そうですね。LOVES!では新しいことをやっていきたいし、RAVOLTAの場合は基本的にTSUTCHIEからのトラックが来て、そこに私がメロディと歌詞を乗せて、それをまたTSUTCHIEが料理するっていう曲の作り方が昔から出来ていて、それはそれで大事な自分のやりたいことの一つなんです。そして、LOVES!は生のバンド、RAVOLTAはデジタル、そして、もう一方ではずっと変わらず好きなものもあって、それはそれでソロ名義で出せばいいなって思うし、その作業も基本的には一人でやった方が楽だし、短時間でどんどん曲作りを進めていけましたね」
──今回はフォークやカントリー、シンガー・ソング・ライターのアルバムから受けた影響が反映された作品だと思うんですけど、これまでのSeagull Screaming Kiss Her Kiss Her、ソロやLOVES!の印象から、愛葉さんがそういうものを聴いていたとは思っていなかったリスナーも多いのでは?
「あ、それはそうかも。よく聴けば、アコースティック・ギターを使った曲も入ってるし、ラップなんかもやってて、自分としては色んな音楽が好きですよって伝えているつもりではあるんですけど、残念なことにパブリック・イメージ的にはそう捉えられていない気がしますね。だから、この作品を聴いたうえで過去の作品を振り返って聴いてみたら、そういう要素が元々存在していたことに気付いてもらえるかもしれない。でも、私はザ・モンキーズから始まって……というか、ザ・モンキーズのシンガー・ソング・ライター的な、静かな曲が好きで、それから(70年代に活躍した米国の女性シンガー・ソング・ライター)リンダ・ロンシュタットと(英国の代表的なヒッピー・フォーク・シンガーの)ドノヴァン。ドノヴァンのアルバムは全部持ってるし、娘の名前も彼の“Jennifer Juniper”って曲から取ってて、結婚したいくらい好きだった(笑)。あと、エリオット・スミスとフォークではないけどルー・リード。彼がやっているのは新しいスタイルのNYフォークだと思ってる。それから最近だとサマンサ・クレインとか、そういう音楽が自分にとっては心地よく感じる」
パーフェクトな日々とパーフェクトなアルバム。
──今回の作品制作はどんな感じで進めていったんですか?
「恋愛の初期衝動だったり、焦燥感、上がったり下がったりっていう感情を書いていったというか、ギターを弾きながら自然に出てきて。それを自宅のパソコンのハードディスクに録音していった感じ。最初はそうやってホーム・レコーディングで作ろうと思っていったんだけど、音のクオリティは高ければ高いほうがいいなって。ファイストのアルバムを聴いても、声の録り方なんかがいちいちいいじゃない? だから、私も大切に録りたかったのと、一人で家で作っているからといって、閉じこもったものにするんじゃなく、もっと外に向けたかったんです」
──ほどよいテンションが持続しながら、確かに全体の印象としては愛葉さんのブライト・サイドが描かれているように思いました。
「それが『perfect days』っていうタイトルにも表れているんだけど、煮詰まることなくポジティヴにざっと録れたし、急遽空いたZAKのスタジオでいいマイクを使わせてもらったり、ちゃんと音を扱ってもらった方がいいなってことでケーシー(LOVES!のギタリストにしてエンジニアの岩谷啓士郎)にミックスもやってもらったし。ただ、アルバム全編に渡って、ギターは自分で弾いてて、さすがの私も上手くなりましたよ(笑)。それからテクニック的に無理だった3曲だけケーシーにもギターを弾いてもらって、そうこうしているうちにリズムを入れた方が響くんじゃないかってことで4曲のドラムとパーカッションで神谷洵平くんに参加してもらったんだけど、あとのピアノやキーボード、ベースとパーカションは全部自分ですね。ただ、今回はとにかく声を聴かせたかったですね。耳元で響く、痛いくらいの音にしたくて、それはケーシーに繰り返し繰り返し言ってましたね」
──ソロとしては3枚目にして、明確な方向性が打ち出された今回のアルバムですが、ご自分ではどんな風に捉えられていますか?
「過去のソロ、LOVES!やRAVOLTAの活動を経て、一度素に戻った今回の作品が自分の中でファースト・アルバムって気がしますね。しかも、パワフルなロック・ミュージシャンがレイドバックしたオーガニックなアルバムを作りましたっていうものではなく、もともと好きだったフォークだったり、カントリー、ルー・リードみたいな語りだったりをフィーチャーしながらミニマム・サウンドで表現することが出来た作品。そういうアルバムがやっと出来た気がしますね」

 -
  • 2009.11.18 On Sale
  • PCD-18601 / felicity cap-95
    [CD] ¥2,381 with tax

<TRACK LIST>

  • what to say
  • take me home
  • sorry I am crazy
  • out of my bed
  • the sun and moon
  • becoz of U
  • if we belong
  • baby baby baby
  • perfect days (I'm crazy for U)
  • some sunny day
  • I know


PROFILE
LOVES.ラブス
日暮愛葉インタビュー~バンドのLOVES!、デジタルのRAVOLTA、そして普遍的なソロ活動へ。

2005年より、日暮愛葉のNEWプロジェクトとして、秋山隆彦(Dr:downy/Fresh!/KAREN)、岩谷啓士郎(Gt,Eng:KIB/LEO今井etc)、とLOVES.を結成。 都内を中心に精力的にライブ活動をスタート。
2007年1st ALBUM「LUCKY ME」をリリース。
同年10月には松尾スズキ監督脚本の映画『クワイエットルームにようこそ』の主題歌『NAKED ME』を含むsplit single 「NAKED ME」をリリース。
以前よりサポートメンバーとしてアルバムRECにて参加していた中尾憲太郎(B:ex.number girl/クリプトシティ)をベース、中村浩(Sax,Fl:fresh!)をパーマネントメンバーに迎え5ピースで活動中。
2008年に下北沢シェルターにてジャンルレスな対バン形式のマンスリーライブを6ヶ月にわたり開催し、好評を博した。同年9月に、自身で立ち上げた新レーベルchance!dance!recordから2ndアルバム「NOW IS THE TIME!」をリリース。初のツアーも敢行。Kill your T.V.、exPOP!!!!!、beat Happening!等イベント、そして数多くのライブイベントに出演。ライブバンドとしての地位を不動のモノとする。
LOVES.初期より活動を共にしていたGt&Engの岩谷啓士郎がNEWアルバムレコーディングを終え脱退。
昨年2009年秋よりRECをスタートさせていたNEWアルバムも、いよいよ2010年この夏felicityより発売決定!
NEWアルバムリリースに先行して、TOWER RECORDS限定にて日暮愛葉キュレーションのKill your T.V.'10コンピ『Kill your T.V. meets felicity ep』を6/16に緊急リリース。アルバムより先行してLOVES.の新曲「Call Me」(日暮愛葉&中尾憲太郎共作)を収録。

http://www.loves-or-not.com/

日暮愛葉Aiha Higurashi
RELATED RELEASES
 -
 -
 -
 -
 -
 -
  • LOVES.
  • JM
  • 2010.07.28 On Sale
  • PECF-1020 / felicity cap-103
    [CD] ¥2,500 with tax
 -
 -
 -
  • 2009.11.18 On Sale
  • PCD-18601 / felicity cap-95
    [CD] ¥2,381 with tax

<TRACK LIST>

  • what to say
  • take me home
  • sorry I am crazy
  • out of my bed
  • the sun and moon
  • becoz of U
  • if we belong
  • baby baby baby
  • perfect days (I'm crazy for U)
  • some sunny day
  • I know