NEWS

  • Addthis
  • tumblr
  • Google+
  • twitter
  • facebook

台湾で開催される新たなフェスに、日本からハルカトミユキ,おかん,SISTERJETが出演決定!

  • 2014.08.08

PARKPARK台湾の音楽サイト「StreetVoice」が新たに立ち上げた台湾初の試みとなるストリートミュージックカーニバル「StreetVoice Park Park Carnival」が2014年8月30日、31日の2日間に渡り台北花博公園(圓山広場)にて開催される。
このイベントに日本からハルカトミユキ,おかん,SISTERJETの3組が出演することが発表された!
「StreetVoice Park Park Carnival」は、台湾、中国、香港,日本から120組を超える各国のアーティストがリレー方式でパフォーマンスをするストリートミュージックカーニバル。
公園内には50台以上の様々なスタイルの車が停車し、100店を超える個性的なブランド、飲食店、フリーマーケットなども出現し、音楽と芸術を融合させた会場演出となる。
また入場無料で開放し、この2日で延べ約30,000人の人出を予想。台北花博公園がクリエイティブな創造力を持った若者達のウィークエンドフィーバーとなる。

「StreetVoice Park Park Carnival」主旨
最高の音楽はライブから
最高の芸術はストリートから
最強のクリエイティブは若者のクレイジーなアイデアから
最大のパワーはお互いにぶつかり合って出される火花から


『StreetVoice Park Park Carnival』
日時:8/30ー8/31
時間:14:00ー22:00
場所:台北花博公園(圓山広場)台北市中山区玉門街1号
http://parkpark.streetvoice.com/





ハルカトミユキハルカトミユキ(ソニー・ミュージックレーベルズ)

2012年終盤に突如現れた、新生オルタナ・フォークデュオ。
詩人・ハルカ(Vo/Gt)と奇人・ミユキ(Key/Cho)、1989 年生まれの二人が大学の音楽サークルで知り合い、唯一「同じ匂いがする」とひかれあう。
森田童子、銀杏BOYZ、ニルバーナを同時期に聴いていた世代が静かに奏でるロックミュージック。

2013年3月、iTunesの「newARTIST2013」、タワーレコードの“タワレコメン”にも選出され、2nd e.p.収録の「ドライアイス」はSPACE SHOWER TVやFM802をはじめ全国各局のパワープレイをさらった。同年11月に、メジャー移籍後初のフルアルバム「シアノタイプ」をソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズより発売。アルバム発売を記念した、新代田FEVERでのワンマンライブチケットは即日完売となる。今年2月には、初の東名阪ワンマンツアーを成功に治め、夏には「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」「MEET THE WORLD BEAT」「OTODAMA’14~音泉魂~」等大型ロックフェスへの出演が決定。秋には自身2度目となるワンマンツアーも発表され、今後の飛躍に多くの期待が寄せられている。

Official site http://harukatomiyuki.net
Facebook https://www.facebook.com/Harukatomiyuki


おかんおかん(SPACE SHOWER MUSIC)

1996年14歳の時に大阪城ホールでのライブを見て、『自分もこの場所に立ちたい』と夢を抱き、中学の仲間たちと共にバンドを結成。
関西を愛する気持ち、聴く者が隔たりなく、母親のように身近に感じてもらえるバンドでありたいという願いから「おかん」と名付ける。
【大切な人の自殺、先天性障害、いじめ、自尊心の欠如、母の死・・・】などの多くの苦難を乗り越え、数々の人生の歩みの中で得たメッセージを込めて唄を唄い続ける。人それぞれの人生には、決して捨てることのできない大きな意味があり、生きているからこそ実感できる 嬉しさ、喜び、悲しさ、怒りに満ち溢れている。そんな瞬間の気持ちを歌詞に詰め込み、リアリティー溢れる鼓動を伝え続ける。2013年4月8日、バンド結成から17年、これまで公式な音源も無く、事務所やレーベルには所属しない異例バンドが『西日本最大級のコンサートホール』大阪城ホールでの単独公演を実現。なんと、その翌日には中国大陸、台湾、マカオ、香港の大中華圏4地域をまたぐアジアツアーを敢行。ライブハウスのみならず、ライブハウスのみならず学校、公共施設、ショッピングセンターなど彼らのメッセージをダイレクトに伝えるべく全国の様々な場所で演奏を続けている。これまで彼らが発してきたメッセージは、世代を超え様々な人の“人間賛歌”となっている。
2014年12月、結成から18年、多くのファンの“人間賛歌”をセレクトしコンパイルしたベスト盤とも言えるまさにファン待望のファーストフルアルバムを発売する。
「家族で聴いてもらえる唄でありたい。人と人を繋ぐバンドでありたい」という想いから世界を舞台に唄を唄い続けている。

Official site http://www.rockband-okan.com/
Facebook https://www.facebook.com/okan2013


SISTERJETSISTERJET(felicityレーベル)

東京の限りなく外国を感じさせる福生発のロックンロールバンド。
Vo,WATARU.Sの夢の中に登場したジョンレノンが「サージェントペッパー!」と連呼していた為その早口による早口サブリミナル効果により
「サージェントペッパー」というコトバが「シスタージェット」と聞こえた事をヒントにバンド名SISTERJETが生まれる。

2008年「Our first love EP」でレコードデビュー。ロンドンやブルックリンを横目で睨みつつも、東京からナニワ、天神からススキノまで、
つまり日本中をロールし続けロックシーンをエバーグリーンなサウンドで染めあげる。
2010年スペースシャワー 列伝ツアーTHE BAWDIES、andymori 、avengers in sci-fiと共演し全国にJET旋風を巻き起す。
2010年6月6日日比谷野外音楽堂ワンマンLIVEを成功させ、ROCK IN JAPAN FES、サマーソニック、SWEET LOVE SHOWERなどの全国大型FESを制覇し2011年日本青年館ワンマンを皮切りに、LONELY PLANET BOY TOUR 全国11カ所ワンマンLVEを遂行し渋谷AX ワンマン公演を大成功させる。

2012年BASSの脱退により2人組となったSISTERJETだが、そのままのベースレスな姿でジェットばしギターとドラムというミニマムなベースレス編成でビートをエクスプロージョンした「3-1=2 No Limit e.p.」をリリース。さらに2013年夏には伝説の2人組ユニット、DOTS+BORDERS(key&b)(最近ではthe HIATUS、コーネリアスの鍵盤弾き”として知られる堀江博久(key)と“感性のチェリーボーイ” ことカジヒデキ(b))の2人を迎えたコラボレーションによる「NEW QUAD」 2×2=4 / very well L.P. をリリース。
2013年12月24日クリスマスイブの夜、地元福生UZUで行われたクリスマスパーティーにてBASSオオナリ ヤスシ(ex SPANK PAGE)がベーシストとして正式メンバーに加入。これによりNEW TRIANGLE JETSとして、SISTERJETが再び3ピースにカムバック。
2014年6月に2年振りのフルアルバム「X X X 」をリリースした。

OFFICIAL HP
http://sisterjet.com/
OFFICIAL Twitter
https://twitter.com/SISTERJET
OFFICIAL Facebook
https://www.facebook.com/SISTERJET

RELATED RELEASES
 -
 -
 -
 -
  • SISTERJET
  • X X X
  • 2014.06.11 On Sale
  • PECF-1096 / felicity cap-199
    [CD] ¥2,500 with tax
 -
 -
 -
 -
 -
 -
BACK NUMBER