NEWS

  • Addthis
  • tumblr
  • Google+
  • twitter
  • facebook

ミュージシャン・前野健太、初の小説が実力派作家の集う『Number Do』短編欄に掲載!

  • 2015.12.08

前野健太 / KENTA MAENOミュージシャン・前野健太、初の小説が実力派作家の集う『Number Do』短編欄に掲載!

ミュージシャンとして精力的に活動しながら、文芸誌でのエッセイ連載など、幅広く活躍を続けている前野健太。
このたび、12月10日に発売されるエクササイズ系の雑誌『Number Do』(株式会社文藝春秋)にて、自身初の小説となる短編「いびきが月に届くまで」が掲載されます。

掲載されるのは、各号異なる作者による"走る"短編が掲載されるオムニバス小説欄「READ and RUN!」。
ランニングなどを中心に、自ら体を動かすことを楽しむ読者が多い『Number Do』の巻末を飾る欄です。
先だって12月7日に発売された全編弾き語りアルバム『今の時代がいちばんいいよ』を始め、現代社会に漂う情感を鋭敏に表現してきた前野が、今の東京の情景を、"走る"描写を通じて小説の形に封じ込めた作品になりました。

READ and RUN!2010年11月に立ち上げられた『Number Do』は今冬で創刊5周年を迎えました。
短編小説欄「READ and RUN!」ではこれまで、古川日出男、小林エリカ、東山彰良、ラッセル・ホーバン(藤井光 訳)、佐藤友哉、柴崎友香、桜井鈴茂、遠藤徹、恒川光太郎、岩松了、服部文祥ら各氏(敬称略)の作品を掲載しています。

◆ 前野健太 ウェブサイト
http://maenokenta.com/
◆ Number Do ウェブサイト
http://number.bunshun.jp/subcategory/numberdo
◆ Number Do ツイッターアカウント
⇒ @NumberDo ( https://twitter.com/NumberDo )

RELATED RELEASES
 -
 -
 -
 -
 -
 -
 -
 -
 -
 -
BACK NUMBER