RELEASES

  • Addthis
  • facebook
  • twitter

羊文学

“トンネルを抜けたら”

 - トンネルを抜けたら
“トンネルを抜けたら”
  • 2017.10.04 On Sale
  • PECF-3188 / felicity cap-270
    [CD] ¥1,600 with tax

<TRACK LIST>

  • うねり
  • 踊らない
  • Blue.2
  • Step

新人の登竜門ROOKIE A GO-GO も大盛況。
また、会場限定の自主制作作品がタワーレコード未流通チャートで売れ行き好調。
各所で話題騒然の三人組、羊文学待望のデビューです。

瑞々しい感性が導くメランコリックなメロディライン。
ストイックで痩せた音に乗って疾走するザラついたリリシズム。
初期衝動と才能の片鱗がせめぎ合うソリッドなオルタナティヴロックは
楚々とした風情を熱情で切り返すようなハードなリフと内省的な旋律の対比が聴きどころ。
クールな演奏の裏にこびりつくアグレッシヴなリズム感覚、隙間を生かしたシンプルな音作りが印象的です。
透明で清涼感に溢れるアンニュイなエンジェリックヴォイス。
冷めたトーンで歌われるシニカルな批評性や陰影に富んだ文学的な歌詞。
孤独や無情が滲み寂寥感が綴られた詩作は豊かな情感。
繊細でありながら、どこかユニークさも併せ持った言語感覚は特筆すべき大きな魅力です。
平均年齢20 才、フレッシュな感性が反映されたヤングアイデア。
アート志向も感じられる新しいサウンドの感覚がヴィヴィッドに伝わってきます。
好奇心旺盛なスリーピースが繰り出す若々しく荒削りな音のテクスチャー。
ひりひりするのにチャーミング、ある種のツンデレ感をご堪能下さい。



PROFILE
羊文学ヒツジブンガク
羊文学

VoとGtの塩塚モエカ、Baのゆりか、Drのフクダヒロアからなる、柔らかくも鋭い感性で心に寄り添い突き刺さる歌を繊細で重厚なサウンドにのせ、美しさを纏った音楽を奏でる3人組。2012年結成。2016年7月、FUJI
ROCK FESTIVAL"ROOKIE A GO-GO"に出演。10月、カナダツアー(モントリオール、トロント、バンクーバー)「Next
Music From Tokyo
vol.9」に参加。2017年に現在の編成となり、現在までに、EP4枚、フルアルバム1枚、配信シングル1曲、そして昨年12月にクリスマスシングル「1999
/ 人間だった」をリリース。生産限定盤ながら全国的なヒットを記録。今春2/5に最新EP「ざわめき」をリリース、そのリリースより先行してのワンマンツアー(1/18大阪・梅田シャングリラ、1/31東京・恵比寿リキッドルーム)はSOLD
OUTに。 2020年 8 月23日(日)、FUJI ROCK FESTIVAL'20 出演決定。
2020年、しなやかに旋風を巻き起こし躍進中。

RELATED RELEASES
 -
 -
 -
 -
 -
 - トンネルを抜けたら
“トンネルを抜けたら”
  • 2017.10.04 On Sale
  • PECF-3188 / felicity cap-270
    [CD] ¥1,600 with tax

<TRACK LIST>

  • うねり
  • 踊らない
  • Blue.2
  • Step